SublimeText の ElasticTabstops パッケージでインデントを揃える

JavaScript をはじめ変数のインデントを揃える際に Sublime Alignment を利用していました。
とても便利なプラグインなのですが、あとから変数名を調整する度にショートカットを実行したり、手作業で修正するのを億劫に感じてしまうこともしばしば。。。

そんな折り、気になる話題を見かけました。

【翻訳】私がコーディングで垂直方向にそろえるインデントをとる理由 | POSTD:http://postd.cc/why-i-vertically-align-my-code-and-you-should-too/

ここで紹介されている Elastic Tabstops という手法がとても便利そうだったので、探してみたところ SublimeText 2/3 向けのパッケージを発見!

早速、使いはじめてみることにしました。

やったこと

Package Control から ElasticTabstops をインストールします。

SublimeText/ElasticTabstops:
https://github.com/SublimeText/ElasticTabstops

あとは、タブでインデントをセットするだけです。

スクリーンショット

illustrator の「タブ」パネルでテキストの位置を揃えるようなイメージで、行ごとのタブ間に含まれる文字列の長さにあわせてスペースが自動挿入されます。

参考

直近で利用したいのは JavaScript と PHP だったため、.editorconfig を調整しました。

root = true

[*]
indent_style = space
indent_size = 2
end_of_line = lf
charset = utf-8
trim_trailing_whitespace = true
insert_final_newline = true

[*.php]
indent_style = tab

[*.js]
indent_style = tab

SublimeText で対象ファイルを開くと、自動的にインデントがタブになります。

comments powered by Disqus