Craft CMS の a&m forms プラグインで問い合わせフォームを作成してみよう(フォーム作成編)

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 25日目の記事です。
前回 に引き続き、 a&m forms プラグインでのフォーム作成の流れについて解説してみます。

Craft CMS の a&m forms プラグインで問い合わせフォームを作成してみよう(プラグイン設定編)

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 24日目の記事です。

管理機能として複数のフォームを管理したり、それぞれを柔軟にカスタマイズできると便利ですよね?
Craft CMS でも、有償・無償それぞれにいくつか使い勝手のよい問い合わせフォーム用のプラグインが提供されています。

そこで、今回は a&m forms プラグインについてまとめてみます。
思っていたよりも項目が多かったため、今回は「プラグイン設定」に絞って解説します。

Craft CMS で会員限定ページを作成してみよう(閲覧制限編)

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 23日目の記事です。

前回 Craft CMS で「会員制サイト」を作成するにあたり、フロントエンドでのユーザー登録やログイン・ログアウトを実装しました。今回は、ログイン中のユーザーだけが見れる閲覧制限ページの作り方をご紹介しますので、あらかじめサンプルユーザーを作成しておいてください。

Craft CMS の行列(Matrix)フィールドのテンプレートを最適化してみる

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 21日目の記事です。

Craft CMSのMatrix(行列)を使ってみた | </ Redamoon.Log>
https://redamoon.net/log/post/000039.html

昨日のぐっちーさんのブログ記事を拝見して、ふと「行列(Matrix)フィールドのテンプレートは {% include %} タグを使う方が便利かも?」と感じたので、備忘録を兼ねてまとめてみます。

Craft CMS で会員限定ページを作成してみよう(ユーザー登録編)

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 19日目の記事です。

Craft CMS では、特定ユーザーのみにページの閲覧制限を行う「会員制サイト」の作成を Pro ライセンスの購入テンプレートの調整 で比較的簡単に実現することができます。

そこで、今回はフロントエンドでユーザー登録を行い、ログイン・ログアウトできるようにするまでの流れを解説します。

Craft CMS のストラクチャーで親子関係のデータを取得する

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 16日目の記事です。
今回は、ストラクチャータイプのセクションを例に親子関係にあたるエントリを取得する方法についてまとめてみます。

Craft CMS の管理画面を Alfred のようなコマンドパレットで操作する

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 11日目の記事です。

キーボードショートカットが主体となるため制作者向けになるとは思いますが、Craft CMS の管理画面をコマンド操作できる便利なプラグインをご紹介します。

Craft CMS で日付や数値を指定してエントリを絞り込む

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 8日目の記事です。
今回は備忘録を兼ねて、日付や数値の範囲を指定しつつ Twig テンプレートでエントリを絞り込む方法について、ご紹介します。

IntelliJ IDEA で Craft 3 の Twig テンプレート編集時に変数などを自動補完する

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 7日目の記事です。
いよいよ Craft 3 RC1 がリリースされましたね。

Craft 3 RC | Craft CMS
https://craftcms.com/news/craft-3-rc

That means that at this point, we think Craft 3 is stable enough to be used (and supported) in production environments, and we think most people are better off using it for new projects.

公式アナウンスに記載されている通り、Craft 3 を採用する機会が増えていきそうです。
そんな矢先、興味深い話題をツイートを発見!

早速試してみたことを共有します。

Craft CMS の「リッチテキスト」フィールドで日本語の入力や変換ができなくなったら

これは Craft CMS Advent Calendar 2017 4日目の記事です。

Craft CMS では入力フィールドを細かく用意できることもあり、 リッチテキスト フィールドが必須ではありません。
そのため、状況によっては遭遇することなく平穏な日々を過ごせるかもしれませんが、実は特定のバージョンから リッチテキスト フィールドに入力した日本語を変換しようとすると変換候補がすぐに消えてしまい、さらに入力した文字自体も消えてしまう不具合があることが判りました。

日本語環境では、かなりクリティカルですね w

そこで、今回は備忘録を兼ねて回避方法をご紹介します。