【Craft 3 サイト構築の基本】インデックスページのテンプレート作成(実装編)

これは Craft CMS Advent Calendar 2018 25日目の記事です。
連載「サンプル制作で覚える Craft 3 サイト構築の基本」として、「準備編」に引き続き、インデックスページのテンプレートを作成します。

ここでは、次の作業を行います。

  1. 対象テンプレートの確認
  2. 基本コードの定義
  3. 「サービス」インデックスページの作成
  4. 「ワークス」インデックスページの作成
  5. 「トップページ」の作成

工程ごとの差分データは「素材データ専用リポジトリ vol-17 ブランチ」にコミットしてあります。

【Craft 3 サイト構築の基本】インデックスページのテンプレート作成(準備編)

これは Craft CMS Advent Calendar 2018 24日目の記事です。
連載「サンプル制作で覚える Craft 3 サイト構築の基本」として、2回に分けてインデックスページのテンプレート作成を行います。

詳細ページと同様に、公式デモサイト Happy Lager のフロントページを見ながら画面ごとの構成とテンプレートで必要な処理について確認しておきますので、「Craft 3 のデモコンテンツをインストールしてみよう」を参考に公式デモサイトをローカル環境に用意するなどしてください。

【Craft 3 サイト構築の基本】セクション詳細ページのテンプレート作成(実装編)

これは Craft CMS Advent Calendar 2018 22日目の記事です。
連載「サンプル制作で覚える Craft 3 サイト構築の基本」として、「準備編」に引き続き、セクション詳細ページのテンプレートを作成します。

ここでは、次の作業を行います。

  1. 対象テンプレートの確認
  2. インデックステンプレートの微調整
  3. 基本コードの定義
  4. 「会社案内」セクション詳細ページの作成
  5. 「サービス」セクション詳細ページの作成
  6. 「ワークス」セクション詳細ページの作成

工程ごとの差分データは「素材データ専用リポジトリ vol-15 ブランチ」にコミットしてあります。

【Craft 3 サイト構築の基本】セクション詳細ページのテンプレート作成(準備編)

これは Craft CMS Advent Calendar 2018 20日目の記事です。
連載「サンプル制作で覚える Craft 3 サイト構築の基本」として、ここから2回に分けてセクション詳細ページのテンプレート作成を行います。

「ニュース」セクションと同様に、公式デモサイト Happy Lager のフロントページを見ながら画面ごとの構成とテンプレートで必要な処理について確認しておきます。

なお、公式デモサイトをローカル環境に用意する場合は「Craft 3 のデモコンテンツをインストールしてみよう」を参考にしてください。

【Craft 3 サイト構築の基本】Feed Me プラグインを利用したエントリのインポート

これは Craft CMS Advent Calendar 2018 19日目の記事です。
連載「サンプル制作で覚える Craft 3 サイト構築の基本」として、エントリデータのインポート編と同様に Feed Me プラグインによるエントリのインポートを行います。

ここでは、次の作業を行います。

  1. アセットの登録
  2. JSON データの準備
  3. フィードの設定、および、インポートの実行

インポート用の JSON データは「素材データ専用リポジトリ vol-13 ブランチ」にコミットしてあります。

なお、セクションタイプが シングル のものは Feed Me プラグインでインポートできないため、公式デモサイトのデータを参考に別途入力してください。

【Craft 3 サイト構築の基本】Field Manager プラグインを利用したフィールドの作成

これは Craft CMS Advent Calendar 2018 18日目の記事です。
連載「サンプル制作で覚える Craft 3 サイト構築の基本」として、前回一括登録したセクションに必要なフィールドを作成し、エントリ編集画面に反映していきます。

ここでは、次の作業を行います。

  1. プラグインのインストール
  2. JSON データの準備
  3. インポートの実行
  4. フィールドレイアウトの調整

インポート用の JSON データは「素材データ専用リポジトリ vol-12 ブランチ」にコミットしてあります。

MTAppjQuery の user.js で開発環境のみ固定メッセージを表示させる

これは MTAppjQuery Advent Calendar 2018 16日目の記事です。
うっかり1日遅れました。。。

管理画面のヘッダー付近に固定メッセージを表示させ、開発環境を操作中だと直感的に判別できるよう user.js を定義してみます。

開発環境で調整したテンプレートを本番環境に反映するため画面を行き来している際、どの環境を操作しているのか混乱して不安になる。そんな自分のためのカスタマイズです w

【Craft 3 サイト構築の基本】Architect プラグインを利用したセクションの作成

これは Craft CMS Advent Calendar 2018 16日目の記事です。
連載「サンプル制作で覚える Craft 3 サイト構築の基本」として、作成済みの「ニュース」セクションを除くすべてのセクションを一括登録してみます。

ここでは、次の作業を行います。

  1. プラグインのインストール
  2. JSON データの準備
  3. インポートの実行

インポート用の JSON データは「素材データ専用リポジトリ vol-11 ブランチ」にコミットしてあります。

【Craft 3 サイト構築の基本】エントリ一覧をページ分割する方法

これは Craft CMS Advent Calendar 2018 15日目の記事です。
連載「サンプル制作で覚える Craft 3 サイト構築の基本」の一環として、「ニュース」セクション一覧ページのテンプレートにページ分割機能を追加します。

ここでは、次の作業を行います。

  1. Craft 3 でのページ分割方法を確認
  2. 「ニュース」セクション一覧ページのテンプレート調整

工程ごとの差分データは「素材データ専用リポジトリ vol-10 ブランチ」にコミットしてあります。

【Craft 3 サイト構築の基本】「ニュース」セクションの作成(一覧ページテンプレート編)

これは Craft CMS Advent Calendar 2018 14日目の記事です。
連載「サンプル制作で覚える Craft 3 サイト構築の基本」の「ニュース」セクションの作成ということで、一覧ページのテンプレートを作成します。

ここでは、次の作業を行います。

  1. コーディングデータの流用
  2. 「固定表示フラグ」が ON の最新エントリを出力
  3. 「ニュース」セクションのエントリ一覧を出力
  4. 重複するエントリの除外

工程ごとの差分データは「素材データ専用リポジトリ vol-9 ブランチ」にコミットしてあります。